避妊ピルは子宮体がんや不正出血にも効果がある?

避妊ピルで子宮体がん予防を、なんてキャッチフレーズを聞いたことはないでしょうか?

一般的に、ピルとは避妊目的以外での服用はしないと考えられていますが、実はそれ以外にも女性の体に様々な副効用をもたらしてくれるのです。

ピルは、避妊回避するだけでなく、がんの予防にもなります。
定期的に長期間服用することで、子宮の上部に当たる子宮体がんの発生リスクを軽減する他、排卵を抑制することでの卵子の温存や卵巣がんの予防、大腸がんにも効果があるとされています。

しかし、子宮体がんや卵巣がんには効果がありますが、ヒトパピローマウイルスが原因の子宮頸がんには効果がないとされていて、現在はワクチンでの予防しかできないようです。

また、以前はあまり過剰摂取すると乳がんのリスクが高まるとされてきましたが、最近の研究によると乳腺症の改善にもつながる効果があるとされています。

生理以外の出血である不正出血を軽減してくれますが、飲み忘れや飲み間違いなどが続いて服用サイクルが狂ってしまうと、思わぬところで出血することもあります。

ピルは、服用することで体に大量の女性ホルモンが入り、妊娠したような状態にします。

そのため、妊娠初期に起こりやすい吐き気や胸のムカつきや張り、頭痛、不正出血などの症状が起こることもありますが、いずれも体がピルの服用に慣れてくると症状はなくなるか落ち着いてきます。

ただ、ピルによっては体質に合う、合わないもあるため、いつまで経っても不正出血などの症状が収まらないようなら、早めに婦人科に行って別のピルに変更してもらえば症状が落ち着くこともあります。

毎日欠かさず一錠ずつ服用しなければならないというのは大変ですが、確実に副効用の方が多いので、体の不調をなんとかしたい、あるいはがん予防のためにも、一度ピルの服用を考えてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ