避妊のための低用量ピルについて

避妊のためには低用量ピルが適しています。飲み忘れがなければ、低用量ピルの避妊効果はほぼ100%と言われ、コンドームを正しく使用した時よりも効果が高いです。
低用量ピルに含まれている2つの女性ホルモンの働きにより卵胞が成熟せず排卵が怒らなくなります。排卵を抑制し、受精卵が着床しにくいように子宮内膜に変化が起き、精子が子宮に入りにくくなるように子宮頚管の粘膜にも変化があらわれます。その結果、ほぼ確実な避妊効果が続き、生理周期が28日程度で安定させることができます。また、出血量が減ったり、生理痛や月経前症候群なども改善されます。他にも、ピルを服用することでニキビが改善することがあります。そのため、避妊目的以外にも服用している人がいます。
低用量ピルには、21錠タイプと28錠タイプがあります。どちらも1日1錠を毎日服用し続けます。21錠タイプは21日服用後、7日休薬してから服用を開始します。28錠タイプは、21日服用後、7日はホルモンが含まれていない錠剤を飲むため、飲み忘れを防ぐことができます。一般的には、月経が始まった日から飲み始める方法と、月経が始まって最初の日曜日から飲み始める方法があります。
ただし、副作用として、頭痛やむかつき、不正出血、胸の張り、下腹部痛を引き起こすことがあります。通常は、1、2ヶ月程度で治まりますが、症状が長く続いたりひどくなる場合には、医師に相談します。また、35歳以上で1日15本以上喫煙している人や授乳中の人、乳がん、子宮体がん、子宮頸がん、子宮筋腫に罹患している人およびその疑いのある人も服用してはいけないとされています。糖尿病の人や肝臓、心臓、腎臓の病気にかかっている人も注意が必要とされています。

ページトップへ