避妊に失敗してもアフターピルで回避

妊娠を目的としなくても、男女の関係があれば性交という愛情表現をしても不思議はありません。ですが避妊は確実に成功するわけではなく、事後になってコンドームが破れていることに気づいたりすることがあります。
そういう避妊に失敗したとき、妊娠をしない為の薬がアフターピルです。
中容量の女性用ホルモン剤で、低用量ピルに比べて多量の女性ホルモンを体内に摂取することになります。すると、女性が妊娠しないようにしてくれます。例えば、卵巣から卵子が排出されるのを阻止したり遅らせたりしてくれます。すでに卵子が排出されていれば、受精や着床するのを防いでくれます。性行為のあと72時間以内に服用すれば、高い確率で妊娠を避ける事が出来ます。
アフターピルは2回服用します。1回目は性交した72時間以内ですが、出来るだけ早く飲みましょう。そして、その12時間後に2回目を服用します。受精して着床までにかかる期間が一週間ありますが、それよりも前に生理が来るようにするには、この72時間以内でなくてはなりません。
1回目の服用は、受精や着床を防ぐなど妊娠を防止してくれます。2回目は、3日から1週間で生理がくるようにするためのものです。妊娠は受精した卵子が着床するものですから、子宮内膜に着床しないようにするのがアフターピルの役目です。
72時間以内に服用すれば、受精しても75%から90%の確率で妊娠しないといわれています。24時間以内であれば95%なので、避妊の失敗に気づいたら出来る限り早くアフターピルを飲むほうがよいでしょう。
アフターピルは産婦人科で処方してもらえます。もちろん出来る限り早く足を運んでください。ただし保険適応外です。それでも本人確認の為に身分証明証の代わりに保険証を提示しなくてはならない病院もあります。
ただし、取り扱っていない病院も多いので注意してください。母体保護法指定医の産婦人科なら大丈夫なことが多いですが、念のために電話で取り扱いを確認しておくほうがよいでしょう。
あるいは個人輸入でも入手できます。誰にも顔を知られずに購入できるので抵抗感が少なく買いやすいといえます。費用も病院で処方されるより安いことが多いのもメリットです。
デメリットが有るとすれば、海外の製品なので英語がわからないと困るかもしれません。あとは自宅に届くまで時間がかかることです。ですから事後ではなく、避妊に失敗した時のことを考えて事前に購入しておくのに利用するほうが向いているでしょう。

▼避妊効果の高いアフターピルを服用する前に確認しておくべきこと
緊急避妊薬服用の注意点

ページトップへ